【H28年度全道ふ化放流計画】サケ600万尾増の10億3,810万尾

サケ600万尾増の10億3810万尾

平成28年度の全道サケ・マスふ化放流計画

<2016.3.11日配信号>

 第20期第19回北海道連合海区漁業調整委員会が3月10日に札幌市内で開かれ、平成28年度全道サケ・マス人工ふ化放流計画が諮問され、原案通りこれを答申した。来年度のサケ放流計画は、全道合計10億3,810万尾で、資源底上げを目的とした施設整備・増殖体制の拡充などに伴い前年度計画に比べて全体で600万尾の増加となった。

 カラフトマスはオホーツク海区の施設整備に伴い前年度計画に比べて全体で250万尾増の1億3,840万尾を放流。サクラマスについては、魚病発生に伴い稚魚が前年計画に比べて239万5,000尾少ない280万5,000尾、幼魚が同じく124万9000尾少ない110万6000尾と一時的ながら大幅に縮小する。
 (記事詳細については本誌のご購読をお願いいたします)

定置網漁業者手帳

   最新版 好評発売中!
 現場で使える定置網技術書の決定版!関係者必携の1冊です。定置網の構造や設計・敷設に必要なノウハウ、実技に加えて、それらを構成する網地やロープ、ワイヤ、浮子、アンカーなどの資材類までを含めた豊富なデータを満載。使いやすいB6判・コンパクトサイズ、184ページ。本サイトからご注文いただけます。申込みは上記メニューから。
 漁網用防汚剤専門メーカーのバッセル化学株式会社が誇る大人気の船底塗料「新海物語」シリーズ! 上バナーから特設ページへ