【1月の輸入】チリギン1万7千㌧ 3年ぶり高水準

チリギン1万7千㌧ 3年ぶり高水準

=1月のサケ・マス類輸入実績=

<2016.3.4日配信号>

 財務省公表の輸入通関統計に基づく今年1月のサケ・マス類の輸入実績は、新物搬入の盛期となったチリからの養殖冷凍ギンザケを中心にフィレ製品含め約2万7,000㌧とまとまった。前年同月に比べて1割強多い水準で、チリギンが3年ぶりに1万㌧台後半の月間搬入量を記録したことが増加要因。

総平均単価下方修正、2013年4月以来の600円台

 一方、平成25年の価格暴落の反動を受けて高騰が続いていた製品価格についてはさらに冷却が進み、1月の総平均は前年同期に比べて2割安い670円まで下方修正された。月間600円台は2013年4月以来、2年半、約30カ月ぶり。冷ギンも500円台前半まで下落した。
 (記事詳細については「週刊サケ・マス通信」本誌のご購読をお願いします)

定置網漁業者手帳

   最新版 好評発売中!
 現場で使える定置網技術書の決定版!関係者必携の1冊です。定置網の構造や設計・敷設に必要なノウハウ、実技に加えて、それらを構成する網地やロープ、ワイヤ、浮子、アンカーなどの資材類までを含めた豊富なデータを満載。使いやすいB6判・コンパクトサイズ、184ページ。本サイトからご注文いただけます。申込みは上記メニューから。
 漁網用防汚剤専門メーカーのバッセル化学株式会社が誇る大人気の船底塗料「新海物語」シリーズ! 上バナーから特設ページへ