【岩手県秋サケ】3季ぶりの不漁が確定

250万尾超えも3季ぶりの不漁が確定

=終盤戦岩手県秋サケ=

<2015.12.25日配信号>

 終盤戦の岩手県秋サケ漁は、22日現在の定置協会の集計で累計250万尾に到達したが、前年同期に比べて4割減と平成24年以来3シーズンぶりの不振が確定的となった。一部河川で主群4年魚の回帰が低調に推移しており、今期4年魚の平成23年級は親魚不足に加えて施設復旧の遅れから放流数が例年の半数程度となっていることから、震災の影響が指摘されている。

採卵は好転、海産親魚使用の緊急種卵対策は解除

 ただ、種卵不足の懸念から中期に発動されていた種卵対策「海産親魚使用緊急種卵確保対策発動」については、収卵数が上向き採卵計画に対する実績が好転したことで17日付けで解除された。
 (記事詳細については本誌のご購読をお願いいたします)

定置網漁業者手帳

   最新版 好評発売中!
 現場で使える定置網技術書の決定版!関係者必携の1冊です。定置網の構造や設計・敷設に必要なノウハウ、実技に加えて、それらを構成する網地やロープ、ワイヤ、浮子、アンカーなどの資材類までを含めた豊富なデータを満載。使いやすいB6判・コンパクトサイズ、184ページ。本サイトからご注文いただけます。申込みは上記メニューから。
 漁網用防汚剤専門メーカーのバッセル化学株式会社が誇る大人気の船底塗料「新海物語」シリーズ! 上バナーから特設ページへ