開幕まで早くもあと1カ月 どう動く?今期の秋サケ

開幕まで早くもあと1カ月
どう動く?今期の秋サケ

<2016.7.29日配信号>

 道内秋サケ定置網漁のスタートまで今年も早くもあと1カ月となった。地域間格差がなかなか解消されず全般に不振ペースが続く中だが、平成23年以降は平均キロ単価400円台をキープするなど、輸出不振の中で国産・天然の貴重な商材として存在感を発揮している。今期新物の中国輸出についても不振継続が想定され、その分冷凍原料の国内流通が増えるとの見通しもある。今シーズンの秋サケはどう動く?ミニ特集で現状と環境を分析した。

ロシア200カイリ水域曳網試験操業が終了

漁獲わずか4.42㌧ 割当の1割にも満たず

 水産庁は7月27日、サケ・マス流網漁の禁止に伴いロシア200カイリ水域内で実施していた曳網による代替漁法の試験操業の結果を公表した。当初設定された漁獲割当量68.88㌧に対して漁獲実績はわずか4.42㌧に終わり、消化率にして1割にも満たない極端な不振に終わった。
 (詳細記事については「週刊サケ・マス通信」のご購読をお願いします)

定置網漁業者手帳

   最新版 好評発売中!
 現場で使える定置網技術書の決定版!関係者必携の1冊です。定置網の構造や設計・敷設に必要なノウハウ、実技に加えて、それらを構成する網地やロープ、ワイヤ、浮子、アンカーなどの資材類までを含めた豊富なデータを満載。使いやすいB6判・コンパクトサイズ、184ページ。本サイトからご注文いただけます。申込みは上記メニューから。
 漁網用防汚剤専門メーカーのバッセル化学株式会社が誇る大人気の船底塗料「新海物語」シリーズ! 上バナーから特設ページへ