【岩手サケ折り返し】不漁続く県南でキロ単価平均700円台に

不漁続く県南でキロ単価平均700円台に

=岩手県秋サケ折り返し=

<2015.12.4日配信号>

久慈、普代など県北は盛り返す

 震災の影響に伴い厳しい操業が続く盛期の岩手県の秋サケ漁は、12月に入り折り返しの時期を迎えたが、県北を除いて前半戦の不振をばん回できずに後半戦へと突入した。歳末繁忙期に加えて無い物高が重なり、浜値は顕著な不漁に終わった平成23、24年シーズンを大きく上回る高騰を続けており、11月末時点で定置物の平均キロ単価は604円と600円台に突入、不振が目立つ県南の釜石、大船渡では11月下旬でついに平均700円台にまで上昇、今後の漁模様次第だが、近年最高値の更新が確実な情勢となっている。
 (記事詳細については本誌のご購読をお願いいたします)

定置網漁業者手帳

   最新版 好評発売中!
 現場で使える定置網技術書の決定版!関係者必携の1冊です。定置網の構造や設計・敷設に必要なノウハウ、実技に加えて、それらを構成する網地やロープ、ワイヤ、浮子、アンカーなどの資材類までを含めた豊富なデータを満載。使いやすいB6判・コンパクトサイズ、184ページ。本サイトからご注文いただけます。申込みは上記メニューから。
 漁網用防汚剤専門メーカーのバッセル化学株式会社が誇る大人気の船底塗料「新海物語」シリーズ! 上バナーから特設ページへ